北村さんは両方の手のひらを私の手のひらに重ねて、強く握った。

 私の唇から頬、首筋、肩までまんべんなくキスを落としてくる。
「どこも全部、綺麗だね」
「ほん、と?」
「嘘は言わないよ」
「……ありがと」
 何となく、何となくなんだけど、彼が私の気持ちに寄り添って言ってくれたのではないかと感じた。私が自分の全てに自信をなくしていることに、気づいているんじゃないかと。
「北村さんは、全部優しくて、いいね」
「優しい?」
「私に触れる手が、とても優しい」
 北村さんの首に手を回して抱きしめる。
 うん、と頷いた彼も、私をしっかり抱きしめてくれた。

 私の足の間に彼の膝が割り込み、ひらかせ、ぐいぐいと太もも押し付けられた。それだけで体の奥に火が付いたように熱く疼いてしまう。しっとりと汗ばんだお互いの肌が、隙間なくぴったりくっついた。
 しばらくすると膝の代わりに、彼の手がそこへするりと伸びた。長い指が私のナカに挿入ってくる。
「あ、っあ」
「……ねえ」
 耳元に零された吐息が、興奮をさらに高めていく。恥ずかしいくらいの水音が響いた。
「本当に、こんなに感じてくれてるんだ……?」
「そう、だって、言っ、あっ」
 どうしてこんなに気持ちがいいの? 
 彼の指が少し動くだけで、蜜が溢れ出していくのが自分でもわかる。特別上手だとか、そういう感じでもないと思うのに。
 北村さんの指の動きに夢中になっていた私は、はたと自分の使命を思い出す。私も彼の下腹へ、そろそろと手を伸ばした。
「あ……っあ」
 硬くて熱いモノに触れると、彼が小さく喘いだ。
 ゆっくり上下に動かすと、私のナカにいる彼の指も動く。弄って弄られているうちにすべてがもどかしくなり、それをどう伝えていいかわからない私へ、彼が先に言った。
「俺、もう挿入りたい。加藤さんに」
 たまらないといった表情をされ、私の体の奥も切なくなる。
 全力で慰め合うと約束した私たちなのに、お互いたいした奉仕もせずに、もう繋がりたくなっているのだ。

 お酒を飲んだから? 寂しさから? 同じ目に遭ったから? それとも単に体の相性がいいだけ? 

 不思議に思う疑問が湧き上がってくるけれど、今はそれよりもただ、素直な気持ちを彼に吐き出したい。
「私、も……お願い」
「……いいの?」
「ん、早く」
「わかった」
 頷いた北村さんは、体を起こしてベッドサイドの避妊具へ手を伸ばした。
 目の前にある白いシーツを見つめながら、彼と出会って一日も経っていないことを思い出す。

 準備の終わった北村さんと再び唇を合わせ、舌を絡ませ、丁寧に舐め合った。体中で荒い息をして、欲しがる思いに熱を乗せる。
 私の足をひらかせた北村さんは、遠慮がちに私の入口を硬いモノで探った。その感触は甘い予感を塗り付けているようだった。
 そろそろと私のナカへ挿入ってきた彼のモノは、途中から一気に奥へと突き入れられた。
「あっ、んんーっ!」
 その瞬間、目の前がぱっと明るくなり、部屋の明かりを強いものに調節されたと思った。私の浮いた腰と、ぴんと張る足先、強い快感に戦慄く下腹が、そうではなかったと教えてくれる。
 挿れられただけなのに……私、達してしまったんだ。……何、これ……?
「ちょ、ちょっと待っ、あ」
 戸惑う北村さんの声が遠くに聞こえた。
 朦朧とする視界をどうにか定めてそちらを見ると、彼は顔を歪めて何かに耐えている。
「……ごめん」
「どうし、たの……?」
「さっきから、ほんと変で、もう、もちそうに……ない」
 動きを止めている北村さんが、苦しそうに吐息した。
 私に気を遣い、そして私と同じように感じてくれていることがとても愛おしく思えて、胸がぎゅっと痛くなる。
「謝らない、で。私は……先にイッちゃったから、大丈夫」
 すぐそばにある彼の耳元に言葉を吐き出す。
「好きに、動いて。好きなときに、イッて」
「そういうこと、言われたら」
 こちらを見た北村さんの顔が不機嫌なものに変わった。何かおかしなことを言ってしまったのだろうか。
「そんなに……優しくしないでよ。じゃないと、俺……加藤さんのこと」
「え?」
 聞き返そうとしたのに、繋がったままむくりと起き上がる彼に、腰を打ち付けられた。
「あぁっ! や、んっあ」
 勝手に声が飛び出してしまう。
 どうして、優しくしてはダメなんだろう。
「あっ、あ、あ」
 慰めるって言ったのに。慰めるって優しくすることじゃない、の……?
 何かを言いかけた言葉を打ち消すかのように、彼は私を揺さぶり続けた。
 肌のぶつかる音の激しさとは逆に、私にキスをする唇が、やっぱり優しい。この人はそういう人なんだ。自分本位じゃない、約束を守ってくれる人――そう思ったら、また快感がせり上がってきた。
「もう、イク、よ」
「んっ、きて、あぁっ」
 私を見下ろす北村さんにしがみつき、声を漏らしながら頷く。同時に、強く唇をふさがれた。
「んうっ、んんーっ」
 噛みつくような荒々しいキスと、私の下腹で暴れる彼の熱い塊に翻弄され、一気に昇りつめていく。
 彼の低いうめき声とともに、私のナカで被膜ごしに放出された熱を受け止めた。
 心の痛みをともなう泣きたいくらいの悦楽を、彼も共有してくれただろうか。

 ……気づけば、再び彼に激しくキスをされていた。今終わったばかりなのに、もう始まっている。
 慰め合うって、なかなか終わりが見えなくて、そして、満足するまでに時間がかかるものなのかもしれない。
 体中の気だるさを欲情の色に変えながら、飽きるまで彼ともつれあい続けた。



 テレビの音で目が覚めた。
 一瞬、ここはどこだろうと目を疑ったけれど、すぐに思い出す。私、昨日出会ったばかりの人と飲みに行って、勢いのままホテルに入って……抱かれたんだ。
 ぼんやりとしたまま顔だけ動かして視線を移すと、ベッドの端に腰をかけている北村さんの背中があった。起きたばかりなのだろうか、まだ裸でいる。
 彼の向こう側にテレビがあるらしく、ここからだと画面が見えない。音だけ聞いていると、昔のドラマか何かの再放送のようだった。こういう番組がやっている時間ということは、もう朝の十時は過ぎているくらいだろうか。

 ――思わせぶりなことばかりしないで! 私のことなんて、好きでも何でもないくせに。
 ――違うんだ、そうじゃない。君は僕の太陽だ! だから……僕から離れないでくれ!!

 普段なら鼻で笑ってしまうようなドラマのセリフなのに、今の私には妙に心に響く。
 キザでクサいセリフだけど、その人の本気の心が伝わればきっと、すごく嬉しい言葉だよ。
 二年半付き合っていた彼に、こんな言葉を言われたことは一度もなかった。それほど私に本気じゃなかったのかな。彼が本気になったのは、新しく好きになった女性のほうなんだ。
 一体、私の何がいけなかったんだろう。彼を惹きつけておけなかった私が悪かったの? ……そうだ、それが答えなんだと、何度も何度もこの二か月間、自問自答してきた。
 自分を全部否定されたように思えて、苦しくて苦しくて……出会ったばかりの人と、こんなことまでしてる自分がむなしい。

 すぐそばに座っている北村さんの背中を見つめていると、婚約破棄されてから今まで、ずっと出ることのなかった涙が目に溢れた。ぽろぽろこぼれて横に流れていく。同じ気持ちを味わっただろう北村さんの気持ちを考えると、よけいに泣けてきた。
 つらかっただろうな。つらくてつらくて、私みたいにきっと、自分を責めていたんだろうな。だからこそ、昨日、私とあんなふうに過ごしたんだ。
 ふいに、彼の背中にすがりつきたくなる衝動が起こった。でもそんなことをしても迷惑なだけだ。そう思って我慢した私は涙を拭おうとして、ぐすん、と鼻を鳴らしてしまった。

 気づいた彼が、ゆっくりとこちらを振り向いた。